ミオナール,ロキソニン

ミオナールとロキソニンの違いは?ミオナールがロキソニンより効果が高い

ミオナール,ロキソニン

ミオナールとロキソニンの違いは?ミオナールがロキソニンより効果が高い

頭痛や腰痛が起こった時、鎮痛剤を使用する方もいると思いますが、その鎮痛剤の中でもミオナールという薬は、穏やかに痛みに作用し、副作用の心配がほとんどありません。

 

筋肉の凝りに効き、痛みを和らげる効果のある薬ですが、有効成分として配合されているエペリゾン塩酸塩が凝り固まった筋肉に働きかけ、神経の高ぶりを抑えます。

 

ミオナール,ロキソニン

 

筋肉の緊張によって引き起こされる肩凝りや首凝り、腰痛などに使用されますが、緊張型頭痛にも応用されます。肩や首の凝りは、悪い姿勢や筋肉の疲労、冷えなどから生じる筋肉の緊張状態によるものですが、緊張状態が続くと頭痛などを併発することがあります。

 

鎮痛剤としてロキソニンを使用する方法もありますが、ロキソニンはミオナールと比べて副作用の報告が多い薬です。

 

代表的なものとしては、胃腸障害があり、もともと胃腸の弱い方が服用する時は注意が必要です。安全な薬ではありますが、胃腸を保護する薬と一緒に処方されることもあり、副作用として胃腸や肝臓の働きが悪くなることもあります。

 

また、長期間の服用では、胃潰瘍に繋がる恐れもあり、まれな例としても、小腸や大腸の狭窄や閉塞の恐れもあります。

 

ですが、ミオナールは、血管の拡張作用によって血流を良くし、筋肉を緊張させている神経の働きを抑制し、筋肉の血流を改善させて痛みの緩和に繋げます。

 

脱力感や眠気の副作用の報告は多少ありますが、胃腸への負担はほとんどありません。

 

ミオナール,ロキソニン

 

鎮痛剤は、即効性のものもあり、すぐに効果を得たいところですが、痛みがなくなっても副作用に苦しむことになるのは、誰だって嫌なものです。

 

筋肉の凝りによる緊張型頭痛などは、痛みに直接作用するよりも、血流の改善に効果がある薬の方が根本的治療になります。

 

しかも副作用が少ない薬ですので、安心して服用することができます。痛みは我慢しないで、穏やかな効き目であっても胃腸のトラブルもなく、服用するだけで痛みに効果がある薬に助けてもらいましょう。

 

↓ミオナールの最安値通販はここから↓

ミオナール,ロキソニン

 

ミオナールTOP